尼崎インダストリー
TOP事業所情報開放特許情報試験研究機関情報 新規登録・変更お問い合わせ
開放特許情報
検索・一覧に戻る 【A】技術関連情報  |  【B】 特許関連情報  |  【C】 技術移転関連情報  |  提供者について
最終更新日 2010年3月31日
特許等タイトル 浸透ろ過装置パスカルフィルター
【A】技術関連情報
1.技術分野

電機・電子<br>化学・薬品<br>有機材料<br>無機材料<br>食品・バイオ<br>土木・建築<br>繊維・紙<br>その他(電気化学)

2.機能

機械・部品の製造<br>材料・素材の製造<br>食品・飲料の製造<br>表面処理<br>洗浄・除去<br>環境・リサイクル対策

3.利用分野・適用製品

1.化学工業、粒子製品の高度化<br>2.表面処理、洗浄工程の高度化<br>3.超純水化による産業用水の高度化<br>4.雨水利用の緑化、地域内水循環<br>5.閘門内運河水域の浄化、淡水化<br>6.庄下川の底が見える水辺づくり

4.目的・効果・特徴

目的:濁った液体のろ過処理、濁り粒子の分級処理<br>「濁る」現象=可視光の波長以上の粒子が液体に浮遊している<br>「分級」=大きさごとにクラス分けすること<br>効果1:ろ過に用いるスクリーンの開き目の大きさで分別し砂相当以上の大きい粒子を吸い込まない<br>効果2:スクリーンに集積したモノの表面での化学反応<br>効果3:集積層に棲み着いた生き物の生化学反応<br>特徴:パスカルの原理(閉鎖系に与えた圧力は均等に作用する)吸引圧が均等にかかって、フィルターを目詰まりさせない。液体・水の底域から採取できる。底が透視できる。

5.技術概要

化学工業、農水業あらゆる産業で液体の貯蔵に関する。地上では重力沈降で、底に堆積物が溜まる。身近なところ、湖沼、ため池、運河、河川の淀みがあり、底域の掃除、浚渫(しゅんせつ)は大変な作業である。ポンプが強いと、砂礫を吸い込み、ポンプを痛めやすく、吸い上げた砂礫泥水の処分が大変である。一定の大きさ以上の粒子を吸い込まないようにした。底域の広い範囲に渡って、浸透する水だけが採取できる。

6.図・特記事項・その他 関連特許7件: 特許庁電子図書館「発明者=古野伸夫」で検索、下記を参照ください。
http://www2.ipdl.ncipi.go.jp/begin/be_search.cgi
市民公開実験中:防火用水池に代わり、沈降分離で浄化した雨水を流入させて、底域の栄養塩の豊かな水を排出して、緑化、ドングリの苗木作りの灌水に利用している。芦屋市役所屋上池で公開中。この水槽、浄化雨水の貯留槽は、化学反応のさまざまな工程、諸産業に応用でき、さまざまな応用展開を勧めたい。
詳細資料をホームページ、Eメールで、請求ください。
溜池、湖沼、ダム湖の底が透視できる水辺つくりを推進して、貯水による地域環境の温和化を勧めたい。底が透視できる清浄な水の地域内循環利用は、無限の繰り返し利用が可能になり、産業の持続的発展に資する。
ページトップに戻る
【B】特許関連情報
1.特許関連番号 出願番号
公開番号 特開2004-313890
公告番号
登録番号
2.出願日 平成15年(2003)年4月15日
3.発明の名称 公開時 液体濾過装置、液体処理装置、および液体処理方法
登録時
4.権利者 出願人 株式会社ファインクレイ
特許権者
ページトップに戻る
【C】技術移転関連情報
1.ライセンス情報 実施権許諾・譲渡 許諾
共同開発・研究の意思
サンプルの提供
技術指導
その他の条件
2.事業化情報 実施実績
事業化実績
実施許諾実績
その他、設備投資、特別資格、追加開発、マーケット情報などについての特記事項
3.提供・開示可能なノウハウまたは周辺技術
(秘密保持契約締結時)
図面の開示(量産仕様・試作仕様)<br>実験データの開示<br>サンプルの提供<br>ノウハウ/マニュアルの開示
ページトップに戻る
提供者について
会社名・機関名 株式会社 ファインクレイ
郵便番号 660-0063
所在地 尼崎市大庄北1-3-8
担当部署
担当者 古野伸夫
電話 06-6417-2910
FAX 06-6417-2910
ホームページ http://www.fineclay.co.jp/
メールアドレス nobuo.furuno#fineday.co.jp(#を@に変えてご利用ください)
ページトップに戻る
Copyright © Amagasaki City. All Rights Reserved.